企業情報

●研究開発

柔軟な発想とパワフルな営業力が新製品開発の源

代表取締役社長 星川 光宏

 新製品の開発・普及にあたってもっとも大切なのは、独自のアイディアとパワフルな営業力です。当社では、研究開発スタッフと営業開発スタッフで構成される開発事業本部が中心となって新商品の開発に取り組み、これまでに数多くの実績を残しています。成功の背景にあるのは、社訓として揚げている「創造・実践」。これをもとにマーケティングから技術研究、製品化までを担う研究スタッフと、市場開拓・商品の普及につとめる営業スタッフとの協力体制により、高品質・適正価格の魅力ある商品を次々と生み出しているのです。

 そして、さらに「創造・実践」を推進していくために、「できない」ではなく「どうずればできるか」を考えられる"意志力″、失敗を恐れずどんなことにもチャレンジできる"実行力″、プラス思考でさらに良いものを生み出していける"創造力″、目的を果たすために相手を思いやり協力し合える"協調性″といった力を備えた人材の育成につとめています。


「高齢化社会」「環境保護」をキーワードに新市場を開拓

代表取締役社長 星川 光宏

 第一衛材は、開発型の製造メーカーとして、「創造・実践」の理念のもと、高品質・適正価格のよりよい商品の開発・提供を行ってきました。そして、今後さらに個々の消費者の「快適」と「満足」を追求した商品づくりに取り組んでいきます。そこで、次世紀に向けて私たちの課題となるのは、高齢化社会に対応する製品と環境保護をテーマとした製品の開発です。

 本格化する高齢化社会に向けては、排泄用品・拭取用品・介助用品における消費者のニーズを的確に捉え機能性及びバリエーションの充実を図ります。また、環境保護対策については現在、その一環として、牛乳パックを再利用した製品の開発、紙おむつなどから出るロスを使った二次加工品づくりを実施。これに加えて、リサイクルの完結型循環を考えたシステムの確立を推進していくものです。さらには、高齢者のいる家庭向けに、家庭用品及び健康関連製品の開発・販売という目標を揚げ、さらなる躍進を遂げようとしています。

ページのTOPへ